【ナミアゲハ】生きる力!

今年は、

台風が

大きな被害をもたらしていて

心が痛くなる。

山の上、

台風24号が

あれ?って感じで過ぎていった。

雨と風の被害は、

朝になったら分かるだろうな。

最近、

こんな時

蝶たちは

どうしているのだろう?と

考えるようになった。

我が家の

「カラスザンショウ」の木には

幼虫たちが

ワンサカいて

雨の時

雨粒を

全身で受けていた。

その姿は、

なんだか「強いぞ!」と思った。

台風21号の

強風の時も

飛ばされずに居た。

あの時、

台風上陸前

心配で

カラスザンショウの木を

何度か見に行った。

幼虫さんの気配なし。

「わたしたち、いませんよ~♬」

だったのが

台風が過ぎると

ソロソロと出て来て

「え?」いたんだ・・・(汗)

と、葉の裏から登場した。

あの

強風吹き荒れる

台風21号を乗り切った

たくましい幼虫さん達は、

台風24号の接近前日

終齢幼虫で大きいから

飛ばされると悲しいし

娘ちゃんと保護し

飼育ケースに入れた。

次の日、

台風接近中に

ゆっくりと

蛹になった。

安心したのかな?

私は、コッソリ喜んでいる。

今、

「ナミアゲハ」との交流(?)

「生きる」素晴らしさをもらっています。

この瞬間・・・

蛹から羽化したばかりの

美しい姿は

私の心を癒し

「蝶」を愛する気持ちが

溢れてきます。