2019年「人生の岐路に立つ!」

2019年1月。

山の上は、かなり寒い。

貫禄ある私の体も

手足が冷える~ではなく「凍る」ような感覚になっている。

今年から、

桐灰貼るタイプの

カイロが家の中でも大活躍。

これで、暖房費が少し節約出来ている。

腰の冷えは、私の「悪」なので

使い捨てカイロ万歳!

さて、『空想工場』

作業員 Eの息子君「人生の岐路」ど真ん中である。

世間の人が

我が家の話題なんか興味もなく

誰も読まないとは思っていても書きたい衝動に駆られている。

そう!

彼は、高校受験を控えている。

更に書くと

2019年の1月まで「塾」へ行っていなかったのだ。

さぁ、

この事が吉と出るか凶と出るか・・・

現段階では、「凶」ではなさそう。

(小吉かな?)

ニュースでも耳にする

格差社会。

そんな話題が大きく取り上げられ

親の収入の格差で

子供の学力も違うというデータが出ている。

私は、それにかなり反抗して子育てをした。

「塾」が優れている事は、理解している。

工場長は、塾へ通っていなくても

一定以上の偏差値は叩き出せている。

呑気な私の意見としては、

我が息子君だけでも

少年時代を存分に楽しんでもらいてたいぞーーー!

塾へ通うか否かは

選択肢を本人に任せた。

だって、

彼が大人になり

子供時代を振り返った時

勉強ばかりで絵を描く時間も奪われた事を

恨まれ抗議されるのが嫌だからだ。

なぜって?

答えは、

「勉強しなかった」のは自分のせい。

「少年時代の遊ぶ時間」は二度と取り戻せないから。

息子君 画

『空想工場』、工場長は塾否定派。

息子君へも「やれば出来る!」を猛アピールする。

私は、塾へ通わないで済んでいるのは

工場長のおかげだと合掌。

とにかく、ニュースで知る

格差社会での話題は心が痛い。

もし、我が娘ちゃん

作業員Aが

来年の今頃すごーーーーーい結果を出したら

このBLOGで持論を書きまくりたいと思う。

それまでは、このくらいにしとこ。

あ・・・

息子君の結果がコワイコワイ・・・

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です